ニッポン・シネマ賞

「ニッポン・シネマ賞」は本年の映画祭で第15回目を迎えます。フランクフルトのメッツラー銀行の協賛により、2000ユーロの賞金が授与されます。「ニッポン・シネマ」部門の、ドイツプレミア上映で、日本で製作された、もしくは日本人監督の下で撮影された2013年、または2014年の作品がノミネート対象となります。16本の作品から観客の投票で決定され、授賞式は2019年6月2日(日)19時45分にアーティストハウス・ムゾーン塔で『家族のレシピ』の上映の直前に行われます。

 

コンペティション作品

半世界』 監督:阪本 順治

寝ても覚めても 』 監督:濱口 竜介

菊とギロチン』 監督:瀬々敬久

止められるか、俺たちを』 監督:白石 和彌

翔んで埼玉』 監督:武内英樹

ハード・コア』 監督:山下敦弘

いぬやしき』 監督:佐藤信介

ここは退屈迎えに来て』 監督:廣木 隆一

JAM』 監督: SABU

斬、』 監督:塚本晋也

生きてるだけで、愛。』 監督:関根光才

鈴木家の嘘』 監督:野尻克己

美人が婚活してみたら』 監督:大九明子

泣き虫しょったんの奇跡』 監督:豊田利晃

ルームロンダリング』 監督:片桐健滋

犬猿』 監督:吉田恵輔